HOME > 2005年, 2005年 > ワールドチャンピオンシップ(世界トライアスロン選手権ホノルル大会)

2005年10月13日

ワールドチャンピオンシップ(世界トライアスロン選手権ホノルル大会)

期日:2005年10月9日(日)

場所:アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル ワイキキビーチ発着コース

 

今シーズンの目標に掲げていた世界トライアスロン選手権。

内定組みに対して自分が出場するためには、ジャパンカップシリーズ(国際部門)でのポイント獲得でアピールするほかなかった。

6月の天草国際(熊本県本渡市)、7月の宮城国際(宮城県七ヶ浜町)およびひわさ大会(徳島県日和佐町) で各最高ポイントを獲得し理事会の承認を得た。

このたびはアジア初の日本(愛知県蒲郡市)で開催されたエリート及びジュニア、アンダー23の大会に対し、エイジグループ(一般) はハワイと分散しての開催となった。

ハワイで開催となると必然的にレベルは上がること、フラットコースで絶好の気候となれば体の大きな選手が有利であり、 前回のニュージーランド(クイーンズタウン)大会よりも下回るであろうと予想されていた。(結果表彰台アメリカ勢が独占状態)

しかし勝負事はふたを開けなければ分からない。

海外のレースを体験すると、如何に日本の大会のキチリとしたスケージュールや体制なのかがわかる。

今回エイジグループ選手権で当然ウエットスーツ着用だと思って日本選手団は会場入りしていた。

それが前日になりウエットスーツの着用は禁止と知る。

オフィシャルウエアは陸に上がって楽なようにサイズを大きめにして支給していただいていたためスイムではぶかぶかで使えない状態。

あわてた・・・ 会場のブースでウエアを購入し国名が入り上下をそろえればオッケーとなるルールに従い前日の晩にABCストアでマニュキュアを購入し自主作成。

ウエアは赤になったがホワイトでエナメル質の文字にチームメイトがびっくりするほどのできばえ。(いつも美術、 芸術は最高単位をとっていた腕が光る)

戦うにはこれでいくしかなかった。

今回初めて日付変更線を超えたレースとなった。

前日に寝れるだけ寝て12時間。 すっかり疲れも取れた状態でレース前夜のその晩は結局一睡も出来ず寝転んで5時間以上を音楽を聴いて過ごし午前4時前に準備に入り会場入り。

7時05分のスタートを迎えたのである。

スイムはターミネーターのような体格の選手に当たり負けするわ、両手で海底に沈められるわ、足は引っ張られるわの『おーい反則だろ~』 といった状態。それをかいくぐる泳力のなさが裏目に出た。こうしたことはあることが予測されていたのでそんなに気持ちのダメージはなかった。 スイムアップは43位。(後で知ってあまりの遅さにびっくりした・・・)

バイクは外国人選手のイケイケどんどん走行に付いていくが、ドラフティングを気にするあまり集団からもれた。それでも62分台 (23位)でまとめランへ。

ホノルル市内のメイン通りを折り返す2ラップのコース。バイクで行かれたお返しに、 今度はこちらがイケイケどんどん走法で追い上げを開始。今ひとつキレは無かったが今の自分の限りで押していった。ランラップは4位。

ゴール速報は自分のカテゴリーで11位。2時間02分31秒。(帰国後の発表では13位・・・さすが海外の大会)

前回を上回る大躍進。ゴールできたことを素直に喜び、今後の取り組みもはっきりした。

素晴らしい体験と世界を肌で感じ取れた。

まだまだ行ける。

トップテン入り。簡単にはいかないだろう。

スイムを伸ばし、バイク・ランをさらに磨く。水陸両用の身体を造る難しさは十分知っている。 しかしそれが出来なければ世界では通用しない。

 

今回、特筆しておかなければならないのがハンディーキャップカテゴリーである。

新鮮にびっくりさせられ感激した。その姿に勇気をいただいた。

テレビなどで見たことはあるが、一緒のフィールドで肩を並べゴールへ向かう鼓動を感じたとき涙が出るほどに感動をいただいた。

人は本気で情熱を傾ける時、何でも出来るようになるんだと・・・

表彰台に上る自分の姿を描ける努力をしていきたい!

記録 2時間02分31秒(13位)

スイム:23分38秒(43位)バイク:1時間02分12秒(23位)ラン:34分31秒(4位)

 

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー