HOME > 2006年 > 第18回蒲郡オレンジトライアスロン

2006年5月21日

第18回蒲郡オレンジトライアスロン

2戦目となる大会でしたが、これから改めてスタートと位置付けて臨みました。が・・・

細かいところでロスタイムを積み重ねてしまい、反省の多い大会となりました。

トランジッションエリア内のコースの把握(各大会で意外に違うのがこのシステムです) が出来ていなく素人的な間違いをスイムアップ時とバイクゴール時で行い、思わぬへまを繰り返してしまいました。

その時はもう『え”~~~』と声が出るようでした・・・

強風下で行われた今大会でのホイール選択ミスも反省です。

ベテランと言われながらまだまだ勉強させていただきました。

レースの方はスイムは普通にこなし、バイクは先に述べた原因も含め回転が上がらずにキレのない内容であきらめ加減。

しかし勝負をするためにやってきたのです。

このままでは終われないと最後のランで切り替えられ、2位まで浮上できました。

今回は周りがまだ身体が出来ていない中での結果です。このようなスイム、バイクの継走では勝負になりません。 見直すところは大いにありますので徐々に完成度を増していきたいと思っています。

それにしても世界で戦う山本良介プロは、はるか先を独走していました。世界で戦う選手は同じ人間とは思えないほど、 とてつもなく速いものです。すれ違うほどに見とれる有様・・・

今回良かったのはランのキレが戻ってきた事だけでしたが、若い選手に伝えたい事があります。 トライアスロンはゴールするまで分からない事。

それから自分の持ち味を出せた時、今回のように反省しきりのレースでも望みがつながります。 それを日頃の生活の中で追い求められる事を続けることだと思います。

あせらず、あきらめず頑張りましょう!チャンスはきっと巡ってきます!

今回はMCで大活躍の山本潤一【プロ選手】くん!

本当にお疲れ様でした。【選手より大変だったのでは?】

速人よ、今回は一番じゃないんだよ~

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー