HOME > 2006年 > 宮城国際トライアスロン七ヶ浜大会

2006年7月 2日

宮城国際トライアスロン七ヶ浜大会

相性のよい仙台より少し北の七ヶ浜町で繰り広げられるシリーズ戦へ行ってきました!

先日公表しベテランの調整法で仕上げていくと言いながら、状態が治りきらず何とか競技できるまでに仕上げた感じでした。

痛みが取れないため、やむを得ず痛み止めを使っての出場に踏み切りました。

これもシーズン中にはあってはならないミスでしたが、今回は思わぬ失敗を犯してしまい、大反省の大会となりました。

東北で雨の大会。感じていたより冷えました。

エネルギーを少なめにとってしまい、それが思わぬ失敗につながりました。

自分としては脂肪エネルギーで活動できるシステムを構築しているはずなのですが、エネルギー循環がうまく機能していなかったようです。

スイムは波がうねっていたにもかかわらず、練習で行う気をつけるポイントを意識してレースを進め余裕を持って学生についで2位で上陸。

バイクに乗ってここから本領発揮!のはずが・・・

レースが進むにつれ減速傾向、力が入らないのです。

得意としているランは地に足が付かないふわふわした感じ、 トライアスリート的な感覚で言えばロングディスタンスの時のランニングのようでした。(ロングの経験者ならお分かりでしょう)

バネが利かず淡々とゴールを目指す。

スピードが遅いとおなかの調子まで崩し、力が出せなく面白くないレースでした。

ゴール後はバナナを人一倍ほお張ってました・・・(笑い)

ポイントは押さえましたが、競技者としてもまだまだ未完成。

奥が深すぎます・・・だから情熱をそそげるのでしょうね。

結果の方は優勝ですが、述べたように反省だらけの内容。

今回の良かった点はスイムの練習成果とポイント獲得です。

副賞のウイダーインゼリーは飛行機には重量オーバーで持って帰れませんでした・・・

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー