HOME > 2006年 > 第17回トライアスロンさぎしま大会

2006年8月27日

第17回トライアスロンさぎしま大会

世界選手権が今週の土曜日。1週間を切った海外の重要大会を控えている。

地元で想いの強い大会だ。

これに出場する事にまわりは賛否両論するが、シーズン当初から出場し世界選手権へつなげると決めていた。

先週の中国ブロック選手権と続き、疲労が無いとは行かないだろうが、 出場し世界選手権の結果がどうであれ後悔はしないと言い切れるからだ。

そしてこの地元のプレッシャーの大きい大会で一番無理のかからないレース。

それは自分のペースでレースを進める事。

今回は普段スイムの練習は一緒にしている小学生から高校生の選手たちがコーチ夫妻に導かれ応援に駆けつけてくれた。 年齢は半分以下の選手たちに普段のガンバリを結果とする形を見せてやりたかった。

コーチや選手達と繰り返すスイムの練習の成果が出せスイムから抜け出てトップでバイクへ。

実はスイムをトップで上がったレースは優勝出来ないというジンクスが自分にはある。

それを打ち破る良い機会だった。子ども達にその姿を見せてやろうとレースを読みながら自分のペースで押していった。

バイクも先週の失敗は克服でき、まずまずの走りでランをトップスタート。

ランに入ってはさすがに独走だったため、世界選手権の事を頭に置き無難にこなし、 ジンクスを破り進化出来た姿を表現できたゴールとなった。

子ども達も何かを感じてくれたに違いない。

身体を張って伝える事ができた地元さぎしま大会。

しかし、やっぱり地元大会でのプレッシャーは大きく、ここでは2連覇は2回しているが3連覇は無い。

初の3連覇だった。レース後は正直、脱力感で明後日から出発するスイスの事が考えられない状態であった。

今は『さ~次は!』って感じだ。

・・・日焼けした背中が痛い・・・。

結果 優勝【3連覇】2時間14分03秒

S 23分54秒(1) B 1時間09分53秒(1) R 40分16秒(1)完全優勝!

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー