HOME > ちょっとカフェ! > 世界選手権 秘話2

2006年9月17日

世界選手権 秘話2

師匠と慕うチームテイケイトライアスロン競技部・監督の八尾彰一氏。

今回の世界選手権は八尾氏と同行できる事がうれしかった。

八尾氏から放つエネルギーなのだろうか?この人は人を元気にしてくれる。

【レース後は一番に八尾師匠の部屋へ】

そして心も読み良い方向へ導いてくれる。

結果だけならすべてがうまくいっているように見える状況下、たった数行のあいさつがてらのメールを送ったにもかかわらず『どうした? 元気ないやないか!』と即電話が届く。

びっくりしたり、心が洗われるような事はしばしばある。

今回の世界選手権では正直、疲労が出ないわけない日程で突っ走ってきた事もあり、 調整するもののレース前日の状態では精神状態は良いのだが、身体の方は結果は望めない状態だったかもしれない。

そんな時、自分のコーチで来られているわけではないのに

『てっちゃ~ん!マッサージをしてやろう!!』

『これを塗るとええんや!』など取り出したオイルか何かを塗りながらコーチィングなどの会話をしながらほぐしていただく。

走れる気になるし、力がみなぎるようだった。

この人は自分にとっても素敵な人物であり、憧れの人である。

少しでも八尾師匠のような、周りに力を与えられる人になりたいといつも思う。

出来るだけ近くに行くには、高いレベルの大会へ出場する事!

ひとつのモチベーションでもある。

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー