HOME > 2007年 > MAZDA駅伝

2007年3月 4日

MAZDA駅伝

自動車会社マツダ構内開催(広島市)

初参加

今回は広島経済大学職員チームから声がかかり参加した。

一体どんな大会なのだろうか・・・

大会側の通知では、

【 今年は昨年度を大きく上回る、社内139チーム・コミュニティ150チーム、
3,500人余りの選手および応援者が参加いたします。
(昨年は、社内117チーム、コミュニティ119チーム)】

らしい。

実際にすごい参加人数だった。

ゲストランナーとして中国電力陸上部を先日引退したウッチーこと内冨(大学時代の同僚)が招かれ花を添えていた。

16Kmあまりの全区間をひとりで走破しにぎやかした。『引退して少し太った。』と言うがまだまだ走りは健在だ。

3番手当たりでのびのび走っていた様子。

現在オフトレーニングで筋肉量が増え、その上でのトレーニングで今週は副交感神経の発達が著しく身体が重い。 今週は実際にスイムやランはメニューがこなしきれなかった。

キレ良く走る事はできないだろうが、その分楽しんでやれ!と参加。

今回はジョガーチーム(チームが自称していた)。

そうは言うものの、しっかり皆が頑張ってくれている事は感じた。汗で重くなったタスキを受けるとなお感じるものだ。駅伝の面白さ、 魅力のひとつだ。

身体が重いだの、キレが無いだの吹っ切れてしまうスイッチが入った。

今回は4区(3.4Km)を担当。

チームメンバーはそれぞれ頑張ってくれているのだが、これだけ集まれば本格ランナーも多く、自分のところでは何十チームも前にいた。 直線コースでは見渡せば果てしなくランナーがいるようだ。

『どんどん抜いていくうちに楽しくなっちゃって・・・』

『ラストスパートも良くきいた!』

あのコースで10分20秒なら感覚のずれも無く走れている。

来週は世羅高校の後輩達とレースがある。『楽しみになった!』

温かい天候で、自分にリズムを与えてくれる位置でもってきてくれた?経済大職員チームに感謝(笑

オフトレで力強くなった筋肉が、またキレを戻してくれた気がする。

いろんな意味で長かったオフも、もうじき終わる。

また、暑い熱いシーズンへ向け、進化を求めて発進する。

内冨選手:ひとりで力走。さすがだ、おつかれさま!

マツダの構内がこんなに広いとは、びっくりした!

今回は過去最高順位を決めた経済大職員チームだ!お疲れ様&感謝

内冨選手を囲んで・・・まだまだ現役続行?

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー