HOME > 2007年 > 夢吊橋マラソン

2007年3月13日

夢吊橋マラソン

3月11日(日)

夢吊橋

世界一の長さを誇る「夢吊橋」

【 夢吊橋は歩行者専用の吊床版橋で、両岸の橋台だけで支える構造のつり橋としては世界一。長さ172.6m、横幅2.5m、 常時満水位で高さ20m。 構造的には藤づる等を利用した古くからの吊橋と基本的に同じです。 谷の両側に張り渡したザイルを薄いコンクリートで包みこんで床版と しています。 その上を直接、人が通れるようにし、 スレンダーな外観になっています。】

そして自分ではここを走ればシーズン目標が叶う大会と位置づけている。

だから出来る限り出場している。

そして、この大会は世羅高校の後輩達と競える大会だ。

しかし日本一になった後輩達は今年はいろいろな大会へ招待され今回は少数の出場。

大会自体は少し寂しく残念だが、これは後輩達の活躍がすごいから仕方がないと言う事で、逆にうれしい事。

さてさて、毎年シーズンの初めのスイッチを入れていく大会でもある。

例年は10Kmへ出場しているのだが今回は目的があって5Kmへ出場した。

元気の良い世羅高校選手達としのぎあえるのは5Km。

10Kmを凝縮したスピード走と、なおスパートの切り替えを狙った。

3月に入って急に平年並みの気温になった。ここは谷間で風が吹き抜け雪が舞った。

ウオーミングアップを行っても行っても身体が温まらない。

前日に3種目のトレーニングを積んでいる事で多少重さや疲労感はあったが走り出せば何とかなる。

が・・・今回はやはり寒さに筋肉の状態が変化し後半は硬直した筋肉では走れなかった。

棒のような足をただ動かして前へ進めるだけだった。

後輩達の記録や走りをサポートしてやりたかったが、後半は前を譲る形に・・・なさけない。

しかし今年もここを走れたので夢が叶うかな?

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー