HOME > 2007年 > 2007石垣島トライアスロン大会

2007年4月17日

2007石垣島トライアスロン大会

【Photo by Ichimori】

応援してくださる方が元気になり、感動し、そして喜んでいただけるようにがんばる!

いよいよ2007年シーズンの開幕だ。

南国の石垣島で、『さ~いよいよだっ!』気持ちが高まる。

はずなのだが・・・

今回は前回に述べたように不安を抱えたまま石垣入りだった。

狙ったようにうまく事が流れないのも人生。

大会3週間前と1週間前に予兆なしでまさかの【ぎっくり腰】(疲労性)。

朝起きては『治っているか?』と起き上がるが、痛みが走るの繰り返し。

状態を知る人からは『無理せずに・・・』と言われ、当たり前のように『ありがとうございます。無理しませんよ!』と答える。 (スポーツ選手は強がりでいて真心に気を使います)

しかし、この石垣島からスタートする想いは強かった。

日常生活のシューズやソックスがまともに履けないのだから『無理していない』と言えばうそになる。

スポーツの世界ではレースへ出場する以上、たとえそれが敗因となっても負けは負けである。プロでは許されない事でもあろう。

今の状態で精一杯がんばりぬく!自分のモチベーションはいつもこれだ。

大会当日は、あいにくの雨模様。

スタッフや応援者はもっと大変だ。どんな状況でもこの素敵な空間で競技できる喜びは変わらない。

①スイム

確実にレベルアップしているため結果として、三原市水泳連盟のコーチへ報告したかった。

過去3回出場し、このスイムコースで20分を切った事はなく、例年は8位あたりで上がっていた。

今回は3~4番手でスイムアップし、20分も切っている。

ORCAの最新ウエットスーツが後押ししてくれた事もあるが、確実にレベルが上がった事を感じた。

②バイク

スイムが得意な外国人選手を10kmあたりでパスした後は全くのひとり。たまに移動カメラが近づくが、 40kmのうち集中力が途切れる場面もあった。

結局、前を行く選手を追った割には差は詰っていなかった。

③ラン

一番好きな種目ではあるが、一番不安があった。バランスの悪さからソックスをはいたにもかかわらず、靴擦れを起こす。 今の状態で最高の走りとゴールを目指したが、キレは無かった。そんな状態でありながら参加者の中でランのスプリットは1位。 オフに積み上げたものが証明された気もする。

④今シーズンへ向けて

競技トライアスロンにおける2時間前後の時間を集中し、その集中が途切れない力を身に付ける。

この後に行われたワールドカップでは高いレベルでこれをなんなく維持できる選手が見られた。 やはり世界で戦う選手にはそのオーラがあった。

これは普段の生活とトレーニングから得るものである。

 

今回優勝した古川哲也選手は19歳(ジュニア強化指定選手)。

昨年の世界選手権(スイス・ローザンヌ)も日本選手団として一緒に行った。その時に『これからは受験です』といっていたが、 きちっと大学へ入り条件を整えている。強い選手は環境もそろえる力も備えている。

高校1年生の時からこの大会へエントリーし初優勝した。自分のレースをして他を寄せつけずの優勝。本当に強くなった事を感じる。 どんどん強くなれ!

千葉夫妻率いるチームゴ~ヤ~(沖縄県)の期待の星だ。

このチームには他にも男女合わせて期待の星だらけ。

このH.Pでも紹介した広島県の【村上貴洋:15歳】が今年から、沖縄の高校を受験しこのチームでがんばることになった。

夢を抱いて挑戦していくその姿は、とてもまぶしい。

ゴ~ヤ~のみんな!誰が一番にオリンピックのスタートラインへ立っているのかな?楽しみだ。

 

話を戻し、今回は、ギリギリまで粘って調整し出場できた。それは、オフの間に多くの真心を感じてがんばれて来たからだ。

今回の結果は、今後に明るい希望を与えてくれたのは間違いない!

2007石垣島トライアスロン大会

A組 SWIM:1.5km BIKE 40KM RUN: 10km 

                                                順位 氏名    年齢 居住地   総合記録  スイムラップ   S順  バイクラップ  B順   ランラップ    R順
1  古川 哲也  19  沖縄県    2:00:25   0:17:14     1  1:05:41      3   0:37:30      2         
2   福元 哲郎  34  広島県    2:03:36   0:19:54     5  1:06:18      5   0:37:24      1         
3   中込 英夫  39  神奈川県  2:04:38   0:18:35     3  1:04:25      1   0:41:38     11         
4   宮崎 友和  26  熊本県    2:06:14   0:19:57     6  1:05:46      4   0:40:31      7         
5   HOLDERBACH 36  東京都    2:08:57   0:17:57     2  1:09:57     13   0:41:03      9         
6   栗原 正明  19  東京都    2:09:23   0:22:46    22  1:07:44      9   0:38:53      3       





 



投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー