HOME > 2007年 > 第19回蒲郡オレンジトライアスロン

2007年6月25日

第19回蒲郡オレンジトライアスロン

開催日:2007年6月24日(日)

天候:曇りのち雨

場所:愛知県蒲郡市 蒲郡競艇場周辺特設コース

競技距離 51.5km(オリンピックディスタンス)

ジャパンカップシリーズ

先週のみやじま大会(広島県)があまりにもハードだったため、この蒲郡大会がどのような状態でいけるのか分からなかった。

月曜日の晩に【いやま整体院】でメンテナンスを施していただき精神と身体の回復に努めた。

トレーニングもイージーとハードを織り交ぜながら、まさに身体と会話しながら日々を送った。 スイムでは連戦になる事をご存知の三原市水泳連盟のコーチからは『福元さん、押さえて下さいよ~』 なんて言われながらこの週は取り組んできた。

とにかく疲労を抜くこと!に専念してきたがレースはゴールしてみなければ分からない。

競艇場を泳ぐスイムコースは水質は悪いが波もなく泳ぎやすい。

元気の良い若い選手に混じってスイムレースを進め、バイクは先行した若手選手(結果2位) を追って5周回するうちの4週回目で並びそのままランへ。

ここのランコースは昔から相性がいい。

自分の走りで淡々とレースを進めゴールイン!

バイクの後半に雨が降り出し転倒する選手が非常に多く、医務室はあふれかえっていたらしい。

そんな状況下での集中力は高いものがあったと自負する。 一度だけコーナーですべり体制を崩したがあわてることなくバイクレースを楽しめた。

今心がける事は『転ぶよりは安全に!』だ。

レースが続く中、怪我をしてしまってはもともこもない。スポーツとして意義が薄れてしまう。

今回の勝利は

①今回は前日(23日)が35歳の誕生日だった。

明けて35歳初レースを優勝で飾れたのはうれしいものだ。

②会場を盛り上げていただいたMCの白戸太朗氏の実況は自分を乗せてくれたのも勝利の一因だった。

③大会側の配慮でレースナンバーは1(良いプレッシャーだ)

④トライアスロン界ではローカルレースだった【はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン】 の優勝を多くの知人や会う方が祝福してくださった。

そんなレース会場が自分を元気にしてくれたのだろう。

まだまだ前半戦は続くが【テツローらしく】自分を信じて活動していく。

真心のこもった応援が私のエネルギー:はりきっていきますよ!

会場を終始盛り上げる白戸太朗氏

広島の学生達だ!黄色のTシャツを着て黄色い声援を飛ばしてくれた、ありがとう!

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー