HOME > 2007年 > デュアスロンひろしま2007

2007年11月 6日

デュアスロンひろしま2007

2007年11月4日(日)

広島中央森林公園(広島県三原市広島空港周辺)

デュアスロン=ラン(5km)+バイク(36.9km)+ラン(5km)

結果:3位

オフの過ごし方のひとつに今年はデュアスロンを入れた。

例年は求めるものが違うとして参加は見送り、同日に開催される広島県高校駅伝での母校の応援へ足を運んでいた。

自分にはまだまだ足りないものがある。

デュアスロン世界選手権日本代表で元日本チャンピオンの高橋泰夫氏が毎年出場しているこの大会へ行き、勉強させてもらおうと考えた。

ファーストランで先行する事は出来るが、間違いなくバイクで追いつかれる。

そこから一緒にレースだ!

そんな思惑は簡単に崩れた。

前半の一番きついところで一瞬にして抜き去られた感じだ。

『やっさん(高橋泰夫氏)に抜き去られると将来への希望や勇気をもらえる』

これは負け惜しみでも言い訳でもない。

競技者の力が落ちていくのは年齢じゃない。

その魂の強さと覚悟なのだと。

出場してよかった、充分にそれを感じ取れた。

しかし、今回の自分のレースの不甲斐なさといったら・・・

脂肪エネルギーを使うシステムを切り替え、今年はそれよりパワーの出る糖質エネルギー優先の体にしている。

気温の低い中で最大パワーを一気に使うとそのエネルギーのマイナス面が出る。

後半はハンガーノック、いわゆるガス欠(エネルギー枯渇状態)だ。

何とかゴールへたどり着いたといった状態。

糖質エネルギーと脂肪エネルギーの融合。

『このオフのテーマにしたい!』

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー