HOME > 2008年 > 2008福山マラソン&西日本チャレンジサイクルロード

2008年3月16日

2008福山マラソン&西日本チャレンジサイクルロード

2008年3月16日(日)

福山マラソン(福山市)

午前10時35分スタート 10km(一般=33分33秒 3位) 

西日本チャレンジサイクルロードレース(三原市:中央森林公園)

午後3時00分スタート 36.9km(10何位?)

昨年よりオンシーズンへのスイッチとしているマイイベント!

今年違うこと・・・

それはそれを同じく行う仲間ができたこと。

『福元さんに刺激を受けて今年は自分も』とハードな一日をともにできたこと。

考えればその仲間たちは昨年からトライアスロンへ挑戦しだした者ばかり・・・(前向きオーラの塊のような人たち)

自分のことを一生懸命やってるだけなのに、 それを見て一人でも二人でもその行動で影響を与えることができているんだなとうれしく感じるもの。

今日は昨年の孤独な転戦ではなかった。

午前中の10kmランニングは例年のとおり積極的に飛ばすがそうそう現役高校生や日本陸連登録者を崩すことはできない。

粘って粘って数秒差の争い。(↓ラスト100mでスパートの掛け合い』

今の状態(筋肉で体が重くキレはない)で出来る限りのレース

入りとラストの追い上げ+スパートはそれでも良しとするが中間走には課題が見えた。

終わって記念写真&豚汁一杯を食べ、次のレースへ高速道で移動。

会場に着いてもランの余韻が残り

『脚よ動け!動いてくれ!』状態・・・

12.3km×3周

1周目の入りからふくらはぎがピクピクしている。

ダンシング(立ちこぎ)をすると痙攣が襲う状態。

勝負どころではない。

つらないように・・・つらないように・・・ふくらはぎに意識が集中。

その中でロードレースを楽しんだ。

シーズンインへのステップで足を痛めるわけにはいかない。

これもまた今の状態で出来るところまでと言い聞かす。

トライアスロンのバイクパートとは違い自転車レース独特のペースの上がり下がりが余計に脚に来る。

しかし先頭に立つと元気なら仕掛けてやるのに・・・と思いつつも脚は限界に来ていた。最後の勝負どころでこぼれてしまい勝負あり。

楽しい!?最後の直線スプリント勝負へはもっていけなかった(笑・・・残念

バイク練習の外のりは2回目。

準備がない中ではこれが当たり前の結果。

ましてや勝負してたら自転車の選手に怒られる(そんなに甘くはない)

今も足がプルプル震えている・・・ランもバイクも、ものすごくきつく、力をゆるめたいと思ってしまうハードレースだったが、 それを我慢しながら戦う楽しさを体感できた。

シーズンへ向けて充実したスイッチオン!となり得る日だった。

裏方の仲間も見守ってくれ、それぞれが前を向いてシーズンを迎えられているに違いない。

暑く熱い夏がまたやってくる!

笑顔いっぱいのシーズンにしていきましょう!

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー