HOME > 2008年 > 天草国際トライアスロン

2008年5月26日

天草国際トライアスロン

2008年5月25日(日)

熊本県天草市

2008ITUコトライアスロンコンチネンタルカップ天草 (北京五輪ワールドポイント対象大会)

2008NTTトライアスロンジャパンカップランキングイベント

2008ITU世界選手権U-23・ジュニア選考大会

第7回長嶋茂雄杯

第9回全日本男子エイジ別トライアスロン選手権

2008九州・沖縄ブロック選手権

などが併設された日本のオリンピックディスタンストライアスロンでは最古の伝統ある大会になる。

自分が参加するカテゴリーは赤色表記

Photo by ICHIMORI

結果:優勝(2時間01分36秒)

スイム:20分47秒(4)

バイク:1時間04分40秒(6)

ラン:36分09秒(1)

運よく勝てれば6連覇達成となるのだが、それをやってのけたい想いと合わせて、 実はこの天草市には今年3月1日に講演に来た地でもあった。

その関係者や講演を聴いてくれた子供たちにこの体で言葉以上の表現を伝えてやりたいと思っていた。

勝ちたい!

勝って子供たちへ伝えたい!

ここまで連覇してきてはいるが今まで以上に意識したかもしれない。

危ないのはそのとき生じる心の重圧(プレッシャー)だが、 今回のレースは自分なりに冷静にレースを運んでいたと感じる。

スイムの泳力が自分より上だと感じる選手たちと対等に勝負できバイクでは単独走行となる。

先にスタートし先行する女子クラスのトップを行く白バイを追った。

ラスト10km地点でバイクを得意としている外国選手に抜き去られたがラン1km行かないうちに捕らえた後は独走。

ランの中間点過ぎに子供たちの大声援と手作り横断幕がそこにあった。

感激とこの姿を見せることができた喜びとであとはゴールめがけて進んだ。

今回の勝利は、 トライアスロンが結んでくれた天草の人情とつながりをいっそう深める出来事になっただろう。

表彰の時、 天草市長が本当に喜んびがっちりと握手をしてくださったのがとても印象深かった。

勝負の世界、勝ち続けると言ってできるような甘い世界ではないことは十分に分かっている。

だが、こんな心の宝物ができるならこれからもそれを狙っていきたい。

6連覇達成!

次は世界で勝負!

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー