HOME > ガンバリスト! > 代表選手紹介(井出樹里)

2008年8月16日

代表選手紹介(井出樹里)

井出樹里(いで じゅり :チームケンズ・トーシンパートナーズ)

彼女に会ったのは2年前の日本スプリント選手権幕張大会だった。

2008世界選手権バンクーバー大会より

写真:世界選手権バンクーバー大会にて

ランをスタートした時はまだ先頭ではなかったが、 周回を重ねゴールした時はスプリントレースなのでランニング距離は5kmであったにもかかわらず大差のゴールだった。

しかも新人。

最初の印象はランラップは男子レースでも上位の走りであった。

しかし、正直今回のレベルのレースでは陸上出身者の爆発的なランで勝利したものと思っていた。

(しっかりスイムとバイクのポテンシャルの高さを見ていなかった)

彼女の登場から2年。

ベテラン勢を先行してレースをする勇姿を見るようになったのはそんなに時間は要らなかった。

飯島監督(チームケンズ代表)に聞いた。

彼女は24時間真剣にトライアスロンで速くなることを考えている。何とかしてやりたいと純粋に思わせてくれる選手・・・ と評し監督の目も輝く。

なるほど、彼女と話をしても持っているものなのか純粋で人懐っこい性格はそのような気持ちにしてしまうなと感じたものだ。

『テツローさん!応援お願いします!』普通の言葉なのだが、

『よっしゃ任せとけ!』と思わず出てしまう、そんな感覚だ。

しかし今回の北京で早くも代表を得るとは正直予想をはるかに超えていた。

関係者を驚かせるとんでもない選手になってくれるはずだ。

北京では彼女らしい人の予想を超えた結果を出してくれるのではないか。

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー