HOME > ちょっとカフェ! > 想いの証

2009年5月30日

想いの証

みんな想いを持って生活し、いろんな事へ挑戦しているのだろう。

参考になればと思い書いた。

ハワイトライアスロンin湯梨浜大会前日の調整練習にて・・・Photo Fukada

復帰戦を湯梨浜大会へと考えてはいたが、フル荷重をかけれるようになったのが2週間前。

骨折により走ることが出来ない生活を3ヶ月間。

普通にレースが出来るわけがないと思うのは当たり前。

療養中でも、骨が着けば一気にトップスピードでいけるようにを目標にやってきた。

そう想わなければ、やってられなかったのが正直なところ。

担当先生からOKがでた翌日からランを開始。

4月の異動で片道10kmの通勤距離になった。

それを使った。

気持ちは入っているので、いきなりは長いかなと思っていたがなんとも無かった。

しかし、レース前の1週間の土・日曜日で、どおしてもやっておきたかった練習があった。

しかし土曜日起きたときから体が反応しない、動かない。

本当に日常生活がやっとのような状態だった。

転勤により、不覚にも慣れない生活は、正直いっぱいいっぱいだったか・・・

そして、体への負担が大きなランの練習はその週末で、自分の体をロックした。

確かに復帰後すぐにできる練習ではなかった。出来たことが不思議だった。

これはいけないと、あわてて近くのクリニックにある酸素カプセルを使わせてもらい、昼から市内の海水の温泉へ浸かり、 体をリラックスするように徹した。

日曜日も休養せざる得なかった。

やろうと思っていたことが出来なかった・・・

それでも、月曜日からはまた仕事と練習をセットで行えた。

金曜日は仕事でのアクシデントで晩は練習が出来なかった。

土曜の現地入りして最終調整でレースへ挑む形となった。

不安だらけになるのだろうと思っていたのだが、不思議と満ち溢れるものを感じてはいた。

社会人競技者として受け入れなければならないことはある。

受け入れつつ、想いを貫こうとする姿勢こそ力になる。

それが出来だしたのかなとも思う。

当然積み上げてきたものがあるからだが、自分を信じれることを、如何にやって行くかがその人を造るのだろう。

復帰戦、レースでトップに立ったときは、やはり勝ちたかった。

ランでトップに立ちながら負けたレースは記憶に無い。

しかし、2週間前まで走っていない選手が優勝するのも・・・

今回はこれで良いとも思った。

自分なりにやってきた結果だったからだ。

ただ、これからが楽しみなのはいうまでも無く、どんな福元テツローになって帰ってきたのか自身が楽しみなのだ。

もしも、同じような境遇になった人がいたら、自信を持って言ってやれると思う。

『信念を持った人間は強い!』と言うことを。

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー