HOME > 2009年 > あいたたた・・・

2009年6月 8日

あいたたた・・・

デュアスロンひろしま(広島中央森林公園・三原市)

(第1ラン+バイク+第2ランの複合競技)

会場まで自宅から20kmという思いっきり地元開催の大会だ。

復帰戦を終え、これから7月19日までの毎週にいたる連戦へ向けてのスタート!

今回のレースは距離が短く、スピード強化にはもってこいのスケール。

スピードを目覚めさせる目的で、トレーニングとして参加する。

はずが・・・・

スタートラインへは立てなかった・・・Photo Fukada

バイクをこぎ、汗だくで会場入り。

さ~受付を済ませて準備へ入ろう。

受付の学生が『福元さん、名前が・・・ありません。』

大会申し込みがされていない現実がそこにあった。

エントリーミス!

骨折で入院・療養中、気持ちを前に向けていた時期に今シーズンのレーススケジュールをイメージしながら、 各大会への参加手続きをとっていたのだが・・・

すっかり済ませていると思っていた。(普通はすぐエントリーフィーは支払うのだが、この大会のみ当日会場で支払う)

このような事実に直面するとは思いもしなかった。

地元の大会、しかも今回は入院中に病院で知り合いになった方が、車椅子で応援へ駆けつけて下さっていた。

前回の湯梨浜大会へも片道4時間かけて駆けつけて下さっている。

また、いつもユニフォームのプリントでお世話になっているテックサイン社長も、お子さんをつれて駆けつけて下さった。

古くからご支援いただいている明治乳業(VAAM)の担当者も、会場でいつもながら注目いただいている。

皆さん自分の復帰を心から喜んでくれた方々だ。

元気になって戻ってきた自分を見せたかった。

何とか出場させてほしい・・・

と、無理を言いそうになる自分を抑えるのに必死だったかな~?

その方々には、事情を説明して理解していただいた。

とは言え事実を受け止め、その中で今日の目的であることに近いことはやっておこうと、

通常のウオーミングアップの時間をトレーニングにあて、その後レースを観戦。

優勝者の高橋選手は次元の違う走りを見せつけた。

本来ならそこに絡みたいと思っていた分、そこに無念さは残る。

来週からランキング対象大会のジャパンカップを転戦していく。

まず、蒲郡大会(愛知県蒲郡市)!

ここから自分の戦いが始まる。

今回残念に思ってくださったすべての方へ、ここで写真と結果をご覧いただき、喜んでもらえるようがんばりたい。

今日は、スタッフの懸命な大会支援・運営から、競技として最後まで頑張り抜く姿、完走する喜びをいっぱいに表現する姿、 ファッショナブルに着こなしたウエアが素敵で、かっこいい選手も、みなのそれぞれの顔を拝見できた。

これはこれで良かったのかな。

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー