HOME > 2009年 > ありがとう、さぎしま!

2009年8月27日

ありがとう、さぎしま!

一度は治りかけてたと思って公表したが、炎症は治まっていなかった。

改めて皆様に、マイナスエネルギーを送るわけにも行かず隠していたが、結局そのまま姿を見せなければならなかった。

今回は出場する事で、弱い自分を見せなければならなくなる。

勝って当たり前と思われる中、勝負にはならない状態で臨む自分が悔しくてたまらない。

毎年、この大会は良い緊張感で入るが、今年はさすがに気が重い。

やめればいい・・・人はそう言う。

自分の感覚だが、招待選手は大会へ花を添える役目がある。

それでも、実はやめてしまおうかと、一瞬気持ちが逃げかかった。

相当参っていたのだろう。

痛み止めが必要なアキレス腱・・・レース中盤から痛みが出だしたのは予想外。

バイクを終えたとき、一瞬ためらった。

このまま行くべきなのか・・・これ以上壊すわけには行かないし、止めてしまおうか・・・

会場が一瞬凍りついたことを肌で感じた。

行かなきゃ・・・

動き出した瞬間に、今まで感じたことの無い声援を受けた気がする。

こんな状態でも希望を捨てず応援してくれる人もいる。

行ってこようと思えたのだ。

秋風すら感じる例年に無く涼しい気候に、きつくない分いろんな事を考えてしまうもの。

積み上げた5連覇もここで終わり・・・

表彰を受けない年など無かったが・・・今年は無しだな~

こんなボロボロの自分を見てどう思うのかな~

ゴールの瞬間を喜んでくれる人たちを見るのが喜びだったのに。。。今回はだめか・・・

こんな時、人は悲しくなることばかり考えてしまうのが分かる。

それでもこの日のために足を休めて来た分、痛みは増すことなく完走はできた。

最後まで走れた事は大きかった。

ちっぽけなことを言う自分が恥ずかしいが、表彰式は見たくなかった。

すぐにさぎしまを去りたかった。

この大好きなさぎしまが嫌いになってしまうのでは・・・

その晩は眠れなかった。

それでも次がある。翌日は、変わらず練習する水泳の選手とスイムでつないだ。

すると、今日のことだ!

痛み止めを使わなくてもある程度走れる感覚を得た!

うれしくなって、先ほど夜風にあたりながら走って来た。

バランスは悪いが、走れていることがうれしく、思わず笑顔がこぼれガッツポーズだ!

弱い姿を見せることで強くなる。そんな事もあるかもしれない。

さぎしまが、痛みを取り去ってくれたのかもしれない。

そう思えてきたのだ。

さぎしまがくれたプレゼントかもしれないな!

当初から、さぎしまを復帰戦と位置づけての出場だったが、本当にスタートが切れたと予感する。

これが今年の、さぎしまの『奇跡!』なのかもしれない・・・

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー