HOME > 2009年 > 世界選手権!

2009年9月16日

世界選手権!

2009年9月10~13日

ITU 世界トライアスロン選手権ゴールドコースト大会

ゴールドコースト(オーストラリア)

 

結果:DNF(Do not Finish)

 

ゴールできませんでした。

ITU(国際トライアスロン連合)のホームページで確認された方も多いかと・・・

バイク序盤(6km)でパンクにより、リタイヤ

奇跡は2度は起らないぞ!・・・アジアチャンピオンになって2週間。

今回臨むにあたって、納得のレースになるだろうと信じていた。

やってみなけりゃ分からない状態ではあったが、このような結果になるとは想像すらしなかった。

 

スイムスタートはインコースを取り、さすが世界の飛び出しにぐちゃぐちゃにされたが、後半は、前のパック、 前のパックと追い上げる泳ぎを展開。

いけてる!と、手応えのある泳ぎが出来るようになった。

スイム好調!(15位前後でスイムアップできていた)

世界の舞台、真剣勝負が楽し~~~って思えたものだ。

バイクも流れに付いて行けている!

どれだけ粘れるかが勝負になってくるのは分かっている。

さ~行くぞ!

とその時・・・

・・・シュッシュッ・・・シュ~

『え~~~~』って、ホントに声が出てしまった。

これが6度目の世界選手権の結末でした。

15年間この競技でパンクによるリタイヤは経験していない。

世界選手権で、か・・・なんともいえない感覚・・・

様々な人の想いも乗せて戦っているつもりだが、それを思えば思うほど、無念さがこみあげる。

物事をスタートさせ、何の予兆も無く終了せざる得ないとき、この想いというものは非常に表現しにくい。

競技者たる者、良くも悪くも結果がほしいところ。

次へ進めないのだ。

今、私のトライアスロンの時間は止まってしまっている。

この時間を進めるのは、次回のレースでゴールを決めた時になるだろう。

止まった時間は動かさなくてはならない。

 

日本にいる友人が言ってくれた。

『オーストラリアの海を泳いで、バイクで6kmまで行ったんでしょう?すごいじゃない!』

『・ ・ ・ ・ ・』 

それもそうかと思わず笑顔にさせられた。

そういう考えもありかもな。

今シーズンの結果、来年のブタベスト(ハンガリー)世界選手権は派遣されない。

2年後の北京での世界選手権!(2008年北京オリンピックで使ったコースだ)

そのスタートラインへ立ち、堂々と世界を相手に戦う姿を、帰りの飛行機の中からイメージさせている。

人生もそうだ、いろんな事が起る。

だから面白いのだろう。

今回も、とびっきりの経験だったのかもしれない・・・

いや、経験だったと言い切っておこう。

秋からの講演活動でネタになる!と、秘かに思うのである・・・(一応、明るく締めておく!)

いや~終わったんだな~世界選手権。

今年こそ!と想いを募らせて来たゴールドコースト。

将来どんな想い出になっているのかな?

それは、これからの生き方でしょう!

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー