HOME > 2009年 > 三原市民体育大会

2009年10月12日

三原市民体育大会

2009年10月11日(日)

三原市には全国でも珍しい・・・らしい、(自分たちは物心ついたときから当たり前にあったので)

市内全域の地区対抗での運動会が何十年も前からある。

(この模様が10月23日(金) NHK総合 20時~45分間で全国放送される)

Photo Miyachi

小学生のころからここで走れることは、『足が速い!』と認められる場でもあった運動会。

小学生前半は、走りたくても選ばれなく、走りたくて仕方が無かった市民運動会。

後半から選ばれるようになり、『かけっこの速い、てっちゃん!』として活躍できはじめたところです。

10万人の小さな市の運動会。

今やトライアスロンでは、日本一決定戦や、アジア、世界でレースをしている。当時からすれば夢にも思っていないところで走れている。

いつまで経っても自分の中に、こんな小さな運動会など走る必要ない!など、そんな気持ちが起った事がないのは、 きっとここから自分の走ることへの想いや魅力が生まれた場所だからじゃないのかと思うのです。

その頃の純粋な気持ちを振り返れるからなのか、高校で寮生活していた3年間を除けば、25年以上ずっと出場している事になる。

ご存知のとおり、今シーズンは足の故障で走れない状況に陥り、国体後からは治療に集中し、走ることを中止して2週間経過。

地元で元気な姿を見せること!(これが今の競技へのモチベーションの一部でもある)

自分の中にある特別な想いを果たすため、前日まで判断を待ってもらっていたのです。

前日、何とか人並みには走れることを確認し、無事出場できました。

今、出来ることをやる!喜んでもらい、そこにもうれしさを感じる。

スポーツって、本当にいいな!と心底思える日。

両親は昔で言う体育の日に結婚し、自分が生まれた。

この日が特別な日と感じるのは、その縁もあるのかな?と最近感じるのです。

速人も応援に駆けつけた。父の背中はどう見えるかな?

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー