HOME > ちょっとカフェ! > 選手として

2009年10月31日

選手として

選手をやめていくときって、こんな時かもしれないな・・・

今シーズンは、客観的にも思えました。

どの競技の選手たちにも言えるであろう精神的なところ。

自分のやってきたことが、崩れていく。

これ以上はできないのではないか・・・

また同じ思いをするのはもう・・・

ぼろぼろになっていくのがわかるとき、

心が折れる瞬間は幾面にもあると感じた。

DSC01189

幸い自分はそんな思いが起こらなかったのは、限界も感じていないし、この競技を通してまだまだ自分を高めていきたいと想うからです。

そして、自分の生き方で勇気を持ってもらえるならがんばりたいとも。

何を言っても、やっぱり自分はスポーツ(トライアスロン)が好きなのです。

 

ただ、本当に今まで通り走れるようになるのか?

そんなことをふと思い、不安になることは今もあります。

痛み止め無しで走った記憶が、いつだった?なんて思ってしまうぐらい、走れない時間が永いから仕方のないことかもしれないのですが。

 

今はただ、選手として始動できる準備はしておきたい。

そして、八尾師匠がいつも言ってくれる、

『人生の目的! 勇者の心を伝える事!』

その使命を果たしていきたい。その魂が動き出したようです!

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー