HOME > ガンバリスト! > 残念です・・・

2010年9月11日

残念です・・・

男子は現在総合ランキング2位の倉内誠司(愛知)、3位の福元哲郎(広島)、地元茨城県国体代表の松丸真幸(ロング強化指定選手のため対象外)、一昨年の本大会優勝の中込英夫(神奈川)らが出場。ハイレベルな優勝争いとなりそうだ。

【JTUニュースリリースより抜粋】

 

勝負したかった・・・・


航空チケット、レンタカー、宿泊先すべてのキャンセルを終えた時
その一言が、もれそうになります。

DSC00919

来年、2011年の世界挑戦へ望みをかけたレース。
特に格上がいる時、予想を覆す、覆せる楽しみが私にはある。
そんな時のレースこそ渾身のレースを展開できる。
そんなレースをしてきた私にとって、まさに、ロックオン!的レース。

しかし、挑戦せずに散る・・・
残念です。


ランキングイベントは残り2レース(茨城県・新潟県)・・・すべて優勝して同率首位!

・・・その場合、勝率の高い方が日本一!

=世界選手権派遣


世界選手権派遣へ、100か!ゼロか!の挑戦だった。
その挑戦は、終わりました。
治ってくれなかった・・・
合わせ切れなかった・・・

今日は、ブダベストでトライアスロン世界選手権が開催されている。

昨年の結果、そこへの想いは断ち切れているが、7年目にしてそこへいない自分か・・・ふと想う。

 

来年の北京に切り替えてシーズンをスタートしました。

今シーズンの一番の目標が世界選手権奪回!

届かなかった・・・

来年ねらえばいい・・・人は言います。

そうだねと、答えるがそんなに甘いものではないことも良く知っている。

2年遠ざかると、そこへのエネルギーは想像を絶するものがあるとも感じる。

日常生活を淘汰して望んでいくとき、いろんな弊害が発生する。

心が折れず、耐えられるだろうか・・・

勝負の世界だ。
人のすること・・・
来年だってあるかどうかわからない。
ましてや、ギリギリ大逆転が起こりうる、こんなにもつれた面白いシーズンもなかなかない。
隠し通してきたが、ベストでない自分が今シーズンも続いていた。
その付けが後半戦見事に出てしまった。
思いっきり戦える体で勝負しなければ、こんなものなのだとも感じました。
チャンスをものにしてきた自分が、ものにできない自分を見るとき、迷い?、そして弱さ?を感じます。
ただ、いえることがあるのです。
あえて、欠場を決めたこと。
それは、来シーズンの、いや、これからの自分のためです。
手のつけられない強い福元!,テツロー!を出現させるためです。

そしてもうひとつ・・・
自分の弱さを認めたとき、本当の強さが生まれる!

 

だから、やってやろうじゃないか!


巡り会わせで、
今、岡山大学病院のゴットハンドの異名を持つ先生の治療を受けている。
平日で片道2時間。
時間だって、経費だって掛かる。
先生も仕事が終わっての晩に対応してくださっている。
以前の自分だったらそこまでしてないだろう。
今、崩すわけには行かない・・・
ここが人生のポイントだと感じるから、純粋な気持ちで行動している・・・踏ん張っている

 

福元テツローはやってくれる。

あいつはそんな男だ・・・

私がそう思えている。

 

何も悲観的にはなっていないのでご安心を。

落ち込んでる暇なく、まだ高いレベルでのレース三昧ですから・・・
集中!集中!

今シーズンを最後までやり遂げます!

 

あ~大変だ~~~~!!
あのころ必死だったね・・・なんて
笑っていえる日が、きっと来るのでしょう。
人生って面白い!

DSC00891

1290 TETSURO

2009世界選手権ユニフォーム

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー