HOME > 2010年 > 魂の国体!

2010年10月 3日

魂の国体!

第65回国民体育大会トライアスロン競技(千葉県銚子市)
開催日:10月3日(日)

結果:25位(1時間59分10秒)

スイム20分56秒(40)

バイク 1時間02分42秒(34)

ラン34分28秒(9)


やはり国体は雰囲気が違います。
各都道府県から男女たったの1名ずつが選出され47人(女子44人)のレースです。
なるほど!と、名だたるメンバーが集まりました。
プロやトップクラスが固まる県でも1名です。
ふるさと選手と言って、生まれ故郷を背負って出場する選手もいます。
そんな選手も予選を勝ち抜かなくてはならないので大変です。
男子は激戦区で選考会を行う都道府県が多いのですが、女子は選手が出せない県もあったり、国体ならではの現状です。
ふるさとの文字をつけたウエアが普段とまた違う新鮮さと、

心地よい?プレッシャーが掛かってきます。

IMG_8841

Photo トライアスロン広島県選手団(中原選手・三宅監督・福元テツロー)

IMG_8894

そんな選手団で望む姿が、また最高です。


とは言え、選手同士や、スタッフも含め現場では敵ではなく、仲間なのはトライアスロンならではなのかなとも感じました。
個人競技でありながら、普段も、そしてレースも、支えられる力の大きさを知っているからなのでしょうか・・・
私もほかの選手団と食事をしたり、会場へ向かう時に車へ乗せていただいたり、足の治療さえ施していただいたりと・・・
本当にトライアスロンって新しい競技であって、感覚も新鮮でステキな空間になるスポーツなのかなと感じます。
レースはもちろん、国体の開会式や閉会式の雰囲気は独特で感慨深いものを感じずにはいられませんでした。
だから国体はやめられません!
来年の山口国体ではトライアスロン競技は行われません。
再来年の岐阜国体(ぎふ清流国体)は、ジャパンカップにもなっている開催県です。
2年後?
40歳か・・・
ん~~~~~
自分が何歳なのか把握できてない身体(からだ)だし、スキル面も、精神的にもまだ甘いし、磨き上げなければいけないところも多いことを考えると・・・
まだまだ底が見えないテツローですから(笑
そして、あきらめていない目標だってある。
ゴールしなければならないレースもある。
予選会を勝ち抜いて、
国体!
日本選手権!
権利を勝ち取って、
アジア選手権!
世界選手権!
そして・・・夢へ!
まだまだ、競技者でいるんだろうな?
いなけりゃならないな!
そんな、魂がつぶやくような国民体育大会でした。
おっと・・・皆さんが知りたいのはレース内容?
風邪で息苦しく、スイムでの息苦しさに恐怖感さえ抱き、自重した面もありましたが・・・正直40位とは思いませんでした(涙
バイクは集団からこぼれることもなければ、逃げることもなく、3つ上っただけ。
昨シーズンから一番苦労している故障を抱えたランニング・・・
25位まで上げられた走りには、多くの想いが乗っかっていたからと感じます。
とにかく治してやりたいと触ってくれた多くの人がいます。
足は大丈夫?と気にかけてくれた人がいてくれます。
理想の走りには遠いが、きらめく瞬間はあったと思っています。
順位がどおとか、結果がどおだったとか、今回はあまり興味がなく、
魂を感じ、希望が見え、どことなく納得したレースだった気がしています。
今の力で精一杯戦ったのでしょうね・・・
PS
師匠へ・・・
前日の晩に、呼吸ができないスイムへ恐怖感さえ抱いた時に、具体的なアドバイスと、福元テツローの心意気を呼び戻してくださり覚悟が決まりました。
本当に救われました。
感謝!

DSCN0805

兵庫県選手団

左・気を付け~!されているのが八尾師匠・新木大智選手・テツロー・高野紀子選手

DSCN0810

スイム公開練習

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー