HOME > ガンバリスト! > 体育賞

2010年12月 7日

体育賞

2010年12月4日(土)

広島県体育賞をいただきました。
今回が初受賞です。

世界選手権へ出場しても、アジアチャンピオン(アマチュア)になってもいただけなかった賞です。
授与式で、『トライアスロン 福元哲郎さま』 と、アナウンスされます。


同時に、やっとトライアスロンがスポーツ競技の位置づけに成ったことを実証した瞬間でもありました。
IMG_9937 IMG_0089-2

Photo Tochigi

 IMG_9953 IMG_0007IMG_0006

IMG_0001 IMG_0002

トライアスロンは、どうしてもイベントとして扱われがちです。
確かに1秒を競い合っているのは一部で、全体的には個々の目標に向け完走を目指している。
多くの人が年齢問わず参加している形から、確かにイベント性は高いでしょう。

国民体育大会へも参入して2年目。
そして、先に行われたアジア大会では、競技トップを切って日本最初のメダルを金・銀で獲得したのがトライアスロンの女子選手2人でした。
翌日行われた男子も、金・銀【ワンツーフィニッシュ】でこの競技の存在感を TEAM JAPAN が示し、それをメディアが伝えてくれた。
それが作用したのかどうかは分りませんが、広島では今年度の賞からトライアスロンが競技と評価された事を感じました。

うれしいです!

競技を始めたときから、
『中国地方、広島県ではパイオニア【先駆者】として、活躍できるようにがんばります!』

と、報道関係に話していたことを思い出します。

私を見てトライアスロンを始めたといってくれる選手がいる事を聞きます。
憧れの眼差しを感じることもあります。
そんな競技者になれたことは誇りです。
そして、そんな選手をがっかりさせるような事をしてはいけない・・・
手本になれる競技者として、
本気で目指すことができる競技者として精神を律していました。

その選手たちが育っています。
誇りを持って打ち込める環境造り。
そして、世界で戦える場を準備してやらなければと想うのです。
それがパイオニアとしての使命でもあるのです。

よく言われます・・・
『維持するの、大変でしょ?』
いえいえ、私はまだまだ進化していますから(笑
まだ達成していないものがあります。
それを目指しています!


想ってもいなかった体育賞が、エナジーチャージになったことは確かです!

 

  IMG_0009

母校:広島経済大学石田理事長も喜んでくださいました!

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー