HOME > 2011年 > 指宿トライアスロン

2011年5月15日

指宿トライアスロン

横浜大会へ出場予定でした。
ITU(国際トライアスロン連合)の意向により、当大会が9月へ延期となり、

5月に出場レースがなくなったため急遽出場させていただきました。


目的としては、今シーズンのレース感覚、各種目別の動きの感覚をつかむ事と、まだ仕上がってない体つくりだ。
それから、親父のふるさとである鹿児島へ小学生以来の里帰りだった。
DNAは鹿児島県人!

ここへ来れば元気モリモリになるんじゃないかな?なんて思っていたものです。

IMG_4164Photo Tochigi(レース前のウオーミングアップ)

IMG_1253IMG_1261

観光とはいかないが、初めて九州新幹線の終着駅に降り立って、本州南端の指宿の空気を味わえました。
私がトライアスロンをはじめた頃からあった大会で、機会があれば鹿児島にいってみたいと想ってて、今回それが実現したというわけ。

地元のさぎしま大会も小さな島での地方大会だが、ここもアットホームな大会でした。
競技者の見方では、昨年のアマチュアチャンピオン(地元鹿児島)から、先月宮古島で行われたロングレース上位入賞者、九州の雄であるベテラン勢やこれからの選手たちが集い、トップ10あたりまではかなりハイレベルのレースです。


レースの話しをすれば、良い感じでスイムを終えて、そのままのパック(集団)で行ければ良かっただが、私は他の選手と違う行動(ソックスを着用)をする。(トップ選手たちはソックスははかない)

そのタイミングを、間違えてしまいバイクへ乗り遅れてしまった。

しまった~~~って感じです(笑


そのまま追いつける技量を今回は発揮できず、
会場のMC(トライアスリートの大村君)
『福元選手なら、ここからトップまでの追い上げも可能!』なんて、
超持ち上げたアナウンスを見事に裏切るランニングパフォーマンスに、ゴール後は私自身がうなだれそうでした(笑


結果は散々でしたが、当初の目的として、出場することで得られた感覚や忘れかけていたことを呼び戻すことができたと思っています。
バイクが重要になるレースではソックスをはくタイミングは日本選手権のようにバイクが終わってからだな。

次回の福元テツローに乞うご期待!


さっそく今朝のバイクトレーニングで、自分には力が発揮できないフォームで乗っていたことも見付けだしました。
人の意見ばかりを参考にしていると、本来の自分の感覚を失っていました。

今シーズンは足の痛みもなく、昨年、一昨年怪我に泣いた時よりよっぽど条件はいいのに結果がつかない。
レース自体を追い込めていないし、楽しめてない。
本気になったときの底力はあると信じています。

いつの間にかおりこうさんになってしまって、自分のスタイルを忘れかけていた気がします。

自分らしく行こう!


少しずつの修正になるかもしれません。
ロングレースへも出場して、根性と勇気を付けなおしたい・・・とも考えています。


テツローはこれからも、年単位で進化していくのだろう。

見守っていてくださいね。

IMG_4128

IMG_4137

会場には『行列のできる法律相談所』より、東野さん、ノッチさん、安田さん、菊池弁護士も出場です。菊池弁護士と東野さんは本気でした(笑

IMG_4361IMG_4366

IMG_4572

IMG_4295

IMG_4324

IMG_4341IMG_4392

IMG_4407

IMG_4411

IMG_4418

IMG_4471

ランコースは5kmを2往復で2周回目はタスキ(ビニール)をかける

タスキは襷ではなかった・・・(力がよみがえるかと思ったのだが・・・)

IMG_4430IMG_4483

MCが盛り上げてくれたのでお礼

IMG_4535

IMG_4556IMG_4561

・親父のいとこがボランティアにいらしてくれた(左)

・1995年トライアスロンデビューした『ワードトライアスロンインひろしま』で最後のランで激闘したライバルが17年ぶりに尋ねてくれた(右)

IMG_4564IMG_4590

ヤオロジック八尾師匠の下でトレーニングされていた入野さん(東京)も声をかけてくれた(左)

トライアスリート大村くんMCありがとう!観客はとても分かりやすかったと言ってましたよ(右)

IMG_4579IMG_4587

クーリングダウン・・・もう、次へむかっています!

IMG_4603

大会会長、このたびは本当にありがとうございました。

次回はレースを盛り上げれる、魅力ある競技者として帰ってきたい想いです。

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー