HOME > 2011年 > レース報告2

2011年7月 8日

レース報告2

力の入らない中では、いろんなことを考えます。

きっと毎年、応援へ駆けつけてくれる人がいてくれるんだろうな。

各所で心待ちにしてくれている人がいる。

後であったが、ゴールには後輩夫婦も駆けつけてくれていた。
わざわざ自分のために・・・

がんばりきれない自分へやるせない気持ちがわき悲しくなる。

IMG_5399

Photo Tochigi

IMG_5420
ゴールできないと分っていても挑戦する事。
そこには想いがあります。
否定されても、その者にしか判らない想いがあります。
それでも一筋の希望を持ってもいます。

今までも何度かそのような場面は起こりましたから。


最初の思惑とはまったく違うことになったけれど、バイク終了地点までは来年のためにコース感覚を刻み込むためにも走りました。
それにしても、力ない体には本当にながかった・・・


最後の坂を下りながら、人があふれるトランジットが見えたとき、ホッとしたのでしょうか、緩む感じがありました。
心配してくれるスタッフや、

ずっと到着を待ってくれた大切な人、

心配そうな仲間の顔は今も忘れません。
この顔を見てしまうと、もうこんな顔をさせてはいけないと思うのです。

・・・つづく

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー