HOME > 出来事日記 > 縁結び

2012年5月25日

縁結び

市内の三原第二中学校へ7月に開催される保護者対象の講演会の打ち合わせへ行ってきた。
役員の皆様と打ち合わせだ。
これまで様々な場所で、パネリストや、食育、道徳、多種多様な会でも招いていただいた。
こんなことも。。。あんなことも。。。
伝えたいことや、人生のきっかけになるのでは?と、伝えたくて仕方が無い。
私は運よく、要所でそんな方たちに巡り合え、導かれ自分を大切にできたのではないかと思う。
今回は、
「本当の愛情とは」
サブタイトル「ぼくの母親がしてくれたこと・・・」
で、保護者の方々へはお話させていただくことになりそう。
私の母親は独特の感覚を持っている。

写真 12-05-24 20 27 18

ある病気で、医者から毎日飲ませるように言われた薬を、家に帰って全部捨ててしまった。
毎日薬を飲ませる事で、自分は体が弱いのだと、おとなしい子になってしまうかもしれない。じっとしていることが嫌いなこの子に、そんな想いをさせたくない・・・テツローの生命力を信じた・・・
責任転嫁の多い世の中で、全責任を背負うこと。
ここには大切なものが多くある。
愛の力が科学を超え、人の力、想いの力を一緒に体感できれば思う。
幼かった私は、入院していたことすら忘れるぐらい、元気な子として育ってきたのです。
あの時、母親のとった行動が無ければ今は無いのかもしれません。
そんな内容で話すことになるでしょう・・・これはまだ非公開(笑
ところで、この第二中学校の生徒は、地元の方々とコラボし、ミュージカルを発表している。
地元の「ポポロ」という大きな芸術文化センターでそれを公開されていた。
校長先生が言われる。
最初は反対もあり、つらかった。
きっと子ども達のためになると信じて続けられた。
その結果がでている。
校長先生は大崎上島という通勤には遠い島から毎日通われている。
先生、お体だけは・・・といいそうになるが、
そんな環境も「子供たちを見ていると元気になるのです!」と、すんなり答えられた。
本当に素敵な校長先生。
生徒と会う前に、きっと感じのいい生徒さんがたくさんいる学校なんだろうと直感する。
保護者対象講演会より前に、中間試験が終わった6月後半に、全校生徒への講演がその場で決まった。
一度の打ち合わせから2回の機会をいただけたのだ。

今回のご提案は、私の大好きなトライアスロンの島「さぎしま」の御畑農園社長の御畑(みはた)氏。(写真左)
人のつながりが、幸せの縁結びとなることを実感する。
感謝と共に、また楽しみが増えた。

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー