HOME > 2012年 > スイッチON!

2012年6月 4日

スイッチON!

4月の館山大会がデュアスロンになったため、トライアスロンは今シーズン初となる。

昨年のここから体調の異変があり、7月の地元みやじま大会を最後にトライアスロンから離れた。

 

無念さを抱え、自分らしくなくなる怖さの中ですごした時間は、長く味気ない。

自分をだましながら平常を装ってくらした。

大好きな天草大会は、地元さぎしま大会と同じ回数優勝していた。

それなのに、寸前まで宿もとらず、出場に対して悩んでいた。

落ちぶれ、弱くなった自分をさらしに行くべきかどうか・・・

自分らしくやってきた事が、できなくなっていた。

 

私の師匠が伝えてくれた。

「あり方」を大切にがんばってほしい・・・当日の朝も伝えてくださった。

私自身のあり方。。。

IMG_8363IMG_8390

Photo Yumiko

わかっているようで、それが何なのかわからなくなっていた。

私がトライアスロンでできること・・・

「ゴールを目指して夢中になること!」

これかなと思ったとき、勝たなければならないとか、何位に入らないといけないとか、

そんな事はこの際どうでもいい。

もう一度、大好きなトライアスロンができる自分を取り戻すために、その想いを胸に天草へ渡った。

戦うために体を準備して望むスタイルは、今回できなかった。

トライアスロンって、魅力的で楽しいと夢中だった20年前を思い出し、その頃のバイクを引っ張り出し、これに乗りたいと思ったのだ。

知り合いのサイクルショップでメンテナンスをしていただいた。

何もいわずに20年前の古いバイクを乗れるようにしてくださった。

スイム、バイク、ラン・・・何もかもがやってみないと分からず、自信がなかったが、

今できるところで、楽しんでやろ!

この大会は年齢別選手権で、10歳刻みで3分後とにスタートしていく方式だ。

 

今年は40歳。

大人のカテゴリーは落ち着いたスタートをきる。

水中でカチカチにならず、自分のペースで泳げたようだ。

バイクもソフトライドという、今では好まれないフワフワした昔のバイクだが、スピードが安定して意外にいけてるジャン!なんて感じでこなせた。

バイクボトル(ドリンク)を落としてしまい、普通ならほっておくが、

「あわてない、あわてない」なんてつぶやきながら取りに行った(笑

ランも初速からよかったが、さすがに膝から上、大腿部はまだ未完成で後半は足が重く伸びなかった。

スピードはこれ以上は上げられないが、これなら倍の20kmは走れるぞ!なんて、2週後の地元開催の宮島大会をイメージしながら走った。

 

最近はトライアスロンもスポーツブームに乗り、各大会のレベルも上がった。

天候もよかったこともあるだろうが、終わってみれば、

今まで8回優勝してきた時と変わらない時計を示していた。

やり切れたすがすがしい中に、少しだけ?また競技者のスイッチが入る音がした気がする(笑

IMG_8404IMG_8424

IMG_8428

IMG_8434IMG_8444

IMG_8448IMG_8450

IMG_8331IMG_8478

写真 12-06-03 13 17 57

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー