HOME > ちょっとカフェ! > 一瞬一生

2012年7月 4日

一瞬一生

数ヶ月前の私は今を信じれるだろうか・・・
今の状況は、目指していたが、実現できていることが奇跡じゃないかと思うことも・・・
競技者としては致命的なアキレス腱痛・・・これは代償として一生抱えていくものと割り切っていた。

IMG_9717IMG_9611

Photo Sato

体のバランス・・・目を閉じて、足踏みをすると崩れ落ちる状態だった。
筋肉の付き方・・・目に見えて悪かった。
練習への取り組み・・・特にランに関しては、時間行うと片足に負担がかかり継続できなかった。
スイムは週1回、コーチングで集中練習。フリートレーニングは1回。
バイクは4月から通勤で、片道30km弱を利用し乗るようになったが、毎日2時間をバイクには使えなかった。
要するに、今の状況を導き出せるだけの練習がつめていないと感じていた。
ただ、出来ることから・・・
復活に賭ける想いと、それを支えてくれる人の心は身にしみた。
その人をびっくりさせ喜ばせたい・・・この気持ちが自分を支えた。
想いは行動を変えた。
週1回でも世羅高校へ足を運んでトータルバランスを得るクロカンコースを走った。
世羅高後輩のポイント練習を引っ張ることで、後輩たちを導けるよう心がけた。
バイクも、最初の1ヶ月は坂を上っていくコースに、家を出るのに勇気が必要だったが、次第に勇気が出やすくなってきた。
スイムも、時間や距離ではなく、自分に必要な内容を求めた。
レースへ出て行くことで、喜び、心と体がよみがえってきた。
夏を迎える今、その頃とは違った希望の光というのか、レースへ挑戦できる事が楽しみになっている。
同時に、競技者として日本一を目指すようなトライアスロンは、
来年すら、あるかどうかもわからないことを悟る。
今しか出来ないかもしれないと思う気持ちが、今までと違う感覚で挑戦できるようになった気がする。
いつまでも頑張れば、その場があると思っていた。
怪我や病気、環境変化。一瞬で一転することを経験すると、今の一瞬が尊い時間に感じる。

先日、仙台の友人と話していても感じた。

死に直面することが、突然起こる。


私は想う
『一瞬一生!』
輝ける一瞬を大切にし、誇りを持って生きていける人生を送りたい。

IMG_9767

Photo Sato

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー