HOME > ちょっとカフェ! > 前半戦を振り返って(前編)

2012年7月18日

前半戦を振り返って(前編)

今シーズンへ賭ける想いはある。
引き際を考えた瞬間があったことは事実だ。
それが自分には逃げる姿、あきらめる姿に感じてしまった。
このままやめると、トライアスロンが好きだと言えなくなる気がした。
このシーズンをまずやってみて、考えよう。
その延長で来年が見えてくると思った。
P1030154

Photo Yumiko

昨年の宮島大会はバイク終了でレースを続けられなくなり、招待選手としては最悪だった

初戦は4月のアジア選手権館山大会だったが、天候によりデュアスロンに変更。
これは参加してみるチェック大会。
マラソンシューズを、まだ履けない状態だとわかった。
(軽量シューズは、走力が無ければ、かえって負担になる。我々はスピードレースでは120グラムほどのシューズをはく)
バイクも乗り始めたころで、防寒ウエアを着用して出場。
順位は9位

バイク、ランともにこれから鍛えていかなければならない状態を痛感できた。

4~5月を世羅高校へ通ったり、片道1時間のバイク通勤を行い、自分を引き上げようと必死になれた。

IMG_7711IMG_7661IMG_7761
6月に入って3連戦
『天草国際トライアスロン』は練習ウエア(スポンサー表示なし)で出場。
18年前のソフトライド型バイクに乗り、想いを一新した。
シューズも厚めで出走。
結果は6位
それでもトライアスリートの形になってきたと感じた。
IMG_8386IMG_8424IMG_8428

続く中5日で『第1回愛南町トライアスロン』(愛媛県)
スイムはトップで上がれ、かえって不思議だったが、

続くバイクのローカルルール(DHポジション禁止)に馴染めず順位を落とし、ランでアドバンテージをひっくり返せず2秒差の2位。
それでも、ゴール後にぶっ倒れるほど出し切れるようになったことは大きかった。

IMG_8637IMG_8646IMG_8695IMG_8728

翌週、地元県内大会、『みやじま国際パワートライアスロン』
昨年のこの大会で、トライアスロン界から姿を消すことになった。
文字通り復活をかけてのレースで優勝
殻を破る瞬間を感じた。
ここから体と心が融合しだしたのかもしれない。
IMG_9182

1週リカバリー期間をつけて、続く3連戦
7月1日に東北復興イベントの『宮城国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会』
スイム・バイクでトップに立つが、ランの2kmまではもたつき、後半粘っての優勝。
194922_400466186655634_692010447_o

翌週の『大阪国際トライアスロン舞洲大会』は、バイクでトップにたちスプリットを取ったが、やはりラン前半でもつれ、後半粘って優勝。
これでランキングイベント2勝!
エイジ総合ランキング暫定1位・・・この位置へ戻ってきた事は軌跡だとも感じる。
_DSC6245

続く県内レースの『アクアスロンくらはし大会』
恩返しと、これからの自分の方向付けの出場。
スイムは、みやじま大会で圧倒的なスイム力を発揮し1位だった藤田選手(友人)と2.4kmをずっと泳げた。自分がスイムを伸ばしていることを実感できたのは、うまく引っ張ってくれた藤田選手のおかげだ。
勝負師の血が騒ぎ、最後に少し仕掛けトップで上陸。(観客への見せ場を作りたかった)
後の20kmのランは独走で走りとおせたが、タイム云々より、このコースでは過去合わせても一番きれいに走れたと感じる。

IMG_0018

後編へ続く・・・

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー