HOME > 出来事日記 > ルール改正

2013年1月29日

ルール改正

ウエアのルール改正があります。
競技が進化発展していく中では節目があるものです。
皆さんで盛り上げていくと共に、私の知人として、このようなもとで競技が行われていることを知って下さっていると、また面白いと想います。


写真は私がデビューした頃と、2003年に初めて出場したNZでの世界選手権、

初の日の丸をつけてのレースになったJAPANウエアです。


スイムパンツでトライアスロンが普通だった時代です。
今のスタイルの徐々に出始めた頃は違和感がありましたが(笑
IMG_0768nz0111IMG_0736IMG_0767

以下
日本トライアスロン連合 ニュースリリースより

前空きユニフォームの使用に関するお知らせ
既に5月、7月のJTUニュース、専門誌「ルミナ」、TRI-Xサイトなどで告知させて頂いたように「前空き及び前ファスナー付きの競技ウェアの使用禁止の競技ルールの適用」がエイジグループ大会でも2013年より本格的施行が始まります。
http://www.jtu.or.jp/news/2012/120530-4.html
http://www.jtu.or.jp/news/2012/120719-1.html
JTU登録会員の皆様からの問合せも頂いていますが、国内メーカー・輸入メーカー・ショップなどにもご理解を頂きながら、本競技ルールの周知徹底を図って行きたいと思います。
改めてですが、51.5キロ以下のトラアイスロン競技とデュアスロン競技において「前空き及び前ファスナー付きのユニフォーム」が国際的にも各国で禁止ルールとして記載され、施行されることになった理由としては、スポーツとしてのトライアスロン競技に確立の為にも選手のユニフォーム前部がはだける姿に対して、決して他のスポーツにあるような精錬さではなく、見苦しい(美しくない)姿として映るという指摘が相次いだためです。
トライアスロンをこれからも楽しんで長く続けていくための大会地元においても地域の人々の協力・理解に加え、公道を使用させて頂く為にもトラアイスロン競技のスポーツとしての社会的地位の確立は、とても重要なことになります。(競技後の上半身裸での移動も近隣住民からの苦情の対象となっています)
素晴らしいスポーツである我々のトライアスロンを謳歌するためにも競技ルールに関し、遵守とご理解をお願い申し上げます。

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー