HOME > 出来事日記 > デュアスロンヒロシマ

2013年11月10日

デュアスロンヒロシマ

ラン+バイク+ランの複合競技
トライアスロンのトレーニングから始まった競技だ。
今は世界選手権などもあるチャンピオンシップスポーツ。
その地方版が広島空港中央森林公園で行われている。
ここ数年は出場していなかったが、今回は審判業務とプレゼンターで依頼を受け手伝ってきた。
審判といってもバイクマーシャルといい、コース内で進行方向のみで、選手とともに走り、監視及び異変を伝達する業務だ。

2013-11-10 13.45.27 2013-11-10 13.38.15

2013-11-10 08.32.36 2013-11-10 10.52.42
先頭あたりを担当という事は、高い競技レベルが必要であり、レースウエアでない私は、低気温にもかかわらず、あのハードなコースではかなりの汗を流す。アスリート魂を引っ下げ、きつい場面も押し通しながら相当の運動量だった。
トライアスロンシーズンを終えてからはバイクに乗っていないため、その動きのパフォーマンスは低下しているはずだ。
良い刺激になった。
特筆すべきは、この大会は小学生から参加できるカテゴリーが用意されており、各スポーツブームに乗り、子どもたちの数も激増していること。
写真を見ていただけばお分かりのとおりだ。
レース前に子どもたちを連れコース試走場面など、何十人も引き連れる光景はアヒルの行列ではないがかわいらしく感じるもの。
プレゼンターを行った表彰式では、私なりに選手たちを称えあげまくった。
勝つことがこんなにも誇らしくいものだと、成功体験を与えたかったからだ。
ココから各スポーツ界へ通じていく架け橋のイベントであろう!
今回、私に心を寄せてくれる各企業が多大なる協賛をしてくれた。
こんなに賞品がそろったのは今までに無いだろう。
恐縮とともに感謝感激だった。

2013-11-10 13.42.44 2013-11-10 13.46.41 

2013-11-10 09.10.21 2013-11-10 10.20.01 2013-11-10 10.20.04    2013-11-10 13.39.25 2013-11-10 13.41.29

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー