HOME > 2013年 > デュアスロン岩国にて

2013年12月 1日

デュアスロン岩国にて

イチロー選手が尊敬するほどのバッティングセンスなどを兼ね合わせた、カープの前田選手はアキレスけんを痛め、本当の力を出せなくなった姿がずっと気になっていた。
そんな前田選手も今年やめてしまった。
立場は違えど、広島県人としては思いたくなくとも身近に自分をかぶせてしまうのだ。

アキレスけんの痛みとはずっと付き合っていかなくてはいけないのかと…
本当にしんどい。
心に影を作ってしまった自分がいやだった。

スポーツマンは、なかなかまともな状態で競技を続けているものは少ない。
IMG_3136

Photo Yumiko

もっともっと思いっきり走りたいし、倒れるまで練習し自分を高めたい!
そう思う日々も、だんだん割り切っていく自分をさみしく感じていた。
そんな自分に希望を運んできた人物に出会えたが、この話しはまた。

昨日はデュアスロン(ラン7㎞・バイク36㎞・ラン7㎞)で、しかも寒い中でのレース。

毎度のようにアキレス腱を気にしながら走ると思っていた。
レース自体は若い選手においてかれる内容で、練習として位置付けているといえども、
自分の居場所としていなければならない位置というものがある。競技者ですから。
しかし差は随分あいた。

だが、終わって忘れていた。痛みがないのだ。
これからの練習のやり方次第ではまだわからないが、今日も痛みが出ていない。

この瞬間だけでも希望の光を感じさせる気持ちになれる。

合言葉のように「足は大丈夫?」の言葉をかけてくれる人たちに、「ずっと付き合っていく覚悟」と言ってはきた。
だが、「大丈夫、なおった!」と言えるような兆しを感じだした。

ここ数年で、私は随分走るのが遅くなったが、我々世代の頑張っている姿、若い選手に劣らない、それ以上の力を見せてくれる人たちが救いでした。

今度は私がお手本になりたいものだ。
ここでは伝わらないかもしれない。
ですが、
心をかざしてくださった方に、ありがとう。

IMG_3163 IMG_3232

IMG_3242 2013-12-01 11.03.44

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー