HOME > 出来事日記 > 妹子の力

2014年1月13日

妹子の力

昨夏から妹子(でし)入りした山内麻代選手の姿。

海上自衛官で江田島方面に住むため距離が離れている。

電話でノートをとりながらの毎日ミーティングと、週末の直接指導となる。

彼女の真剣な姿勢と、この選手は化けると秘かに感じながら進んでいる。

回復力等は私の予想を上回るほど。

彼女へ対しての、休養とイージートレーニング、ハードトレーニングのタイミングをつかむのが今の私の課題だ。

トライアスロンは3種目+1種目あるため、奥が深く正解がない。

競技者として活動したい想いを感じる今、とにかくその想いを膨らませて進めてやりたいと指導する。

2014-01-12 09.54.152014-01-12 14.50.16

Photo Tetsuro & Yumiko

今回の寒中水泳のイベントも、「一緒にやろう!」と言えば、

二つ返事で 「はい!」 と何の迷いもなく発する。

彼女にとって普通なら一瞬はひるむはずのイベントはそんなものではないようだ。

前日は今までの自分を超えるハードなスピードトレーニングに挑んだ。

寒中水泳前に筆影山へ。

さすがにハードトレーニングの疲労は残っているが、抑え気味に進めても前回タイムを維持。

本当によくついてくる。

12日の寒中水泳後、震えながらもニコニコし

「いいスタートになります!」と、うれしそうだったのが印象的だった。

この日の夕方もスイムのスピードトレーニング。

プールから上がれないほどに自分を追い込む姿に、私の心が打たれる。

翌日(13日)はトレーニングと位置づけ10㎞クロスカントリーのレースで山口県へ遠征。

妻のスペシャル施術をじっくり受け、翌日へ備えさせた。

翌日、そのレースは前半から勝負をかけよう。

後半はつぶれていい・・・レース前にその言葉を送っておいた。

結果・・・大会新記録で優勝。

彼女の回復力と、身に付いていくスピードは、今までの想いが強すぎるのだろうか…計り知れないものを感じているところだ。

彼女がお願いしますといえば、動かざるえない。

気が付けば、いつの間にか私自身の退化した部分がよみがえり、また強くなれる鼓動を感じている。

投稿者 テツロー

-->

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー